前へ
次へ

池袋の不動産の価値

池袋の不動産といえば、土地、建物ですが、土地の価値はあまり大きく動かないような気がします。
でも、建物は時間の経過とともに確実に価値が下がっていきます。
同じ池袋の不動産といっても、土地のほうが価値が持続するような気がするのは私だけでしょうか?確かに土地だって、価値の乱高下はあるでしょうし、一瞬にして価値がなくなることもあるかもしれません。
都市の平野部の不動産は、価値が重視されますが、村落でも平野部のように土地を整備し、人が集まるようになれば価値があがるのでしょう。
現状の都市部に集中した日本の構造は、精神的にも疲れるので、人の分散を図るためにも、地方の村落を開拓して、人口密度の分散を図ることが大切だと思ってます。

池袋の不動産を借りる場合について

池袋の不動産を借りる場合、いくつかの種類があります。
それは、池袋の不動産、マンションを借りる場合は「賃貸マンション」と呼ばれるものを借りることとなり家賃をその月ごとに払うという形が多いです。
この場合は、お手軽に借りることができることが利点だと思います。
マンションでなくて一軒家を借りる場合は「賃貸一戸」となり、お金は高くなりますが、一軒家を買うよりはお手軽なので転勤族だけど、一軒家に住みたいという方なんかは良いかもしれませんね。
これならば、引っ越すということになっても、契約を切れば良いだけなので楽です。
他には、土地を借りるといこともできます。
この場合は、返す際にちょっと面倒になるかもしれませんので、ヘタにいじらないことをオススメします。

Page Top